スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場のKさんに仔猫が貰われました♪ (15)

こんばんは。

暑い暑い熱帯夜が続いていますが、

そんなあなたのハートまでホットにするお話を一つ。

たまに公園の猫餌担当のお手伝いをさせて頂いてるのが、

何度か紹介したアニマルフレンドシップ

M夫妻が2人で仕事の合間をみて

去勢・避妊活動をしている団体である。




そこで起こった話をひとつ。





5月の某日。

Mさんの職場のお知り合いさんから朝慌てて、

「スクラップの中から子猫が出てきた!」と連絡があったそうで、

行ってみたら、生後2,3週間の仔猫がダンボールから3匹。

さて、

ここで言うスクラップとは、鉄屑の事。

トラックで運ばれた大型発電機の扉を何気なく開けたら、

ダンボールに入った仔猫がいたとの事。

それじゃあ・・・ずっと暗い鉄の中にいたの?

誰がそんな酷い事を・・・・TT

もし気づかなかったら、そのまま船に乗せられて、

中国へ船で送られる直前だったそうだ。

yokoyama6.jpg

そんな黒猫兄弟も強制給餌をさせ、毎日ケアした結果、

とても元気になった。(ホッ

その後、一匹一匹ともらい手がつき、最後の一匹。

なんと、我が職場のKさんが貰ってくれたのだ!

Kさんは、ちょっと控えめな男性なのだが、

猫と話が出来るほどの猫好き。

ただ、数週間前に愛猫を病気で亡くされたばかりで、

本来であれば、ペットロスの真っ只中・・・・。

それでも、不幸な命は1匹でも幸せな家庭に!と思い、

KさんにMさんトコの猫を見にいっては?とグィグィお願いしてみた。

そして運命の出会い。

その黒猫は、オモチャで1人遊びしながらも、

Kさんの所へ持ってきては「もっと遊んで!」とおねだり♪

Kさんはすっかり黒猫の虜になり(笑)、

なんの躊躇もなく快く生涯の家族として引き取ってくれました。





Kさん・・・ありがとう!



そして、みどり君改め、“にっくん”!幸せにね!


nikkun.jpg



※この出会いは運命であり、

にっくんが今後、不幸になる事はない。

でも、先々週も公園に炎天下の中、

発泡スチロールに入れられた5匹の猫。

そして去勢して毎日ご飯を与えた猫達の死。

Mさんは、毎日毎日、生と死を体験しながらも、

生まれた命を幸せな家庭に託すために

毎日働いて、

去勢して、

里親会をして、

保護猫のケアをしている。

軽い気持で捨てた人間達や、ボランティアをしている人を

“変わり者”“異常な猫好き”などと軽視する人間達。

命の重さを肌で感じているMさん他ボランティアの人、

そして私のブログに遊びに来てくれるブログ友達は、

そんな人間より何倍も何倍も尊敬に値すると私は信じています。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。