スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋元名人に餌やり中止命令 (18)

既にニュースをみた方が多いと思うけど、

どうにかならなかったんでしょうか。この問題。

私は個人を知らないので、

住民の一方的な苦情なのか、

それとも、某名人が頑固で話し合おうとする住民に

一切耳を貸さなかったのかわからない。

判決で裁判長は

「猫に段ボール箱を与えるなど飼育の域まで達し、

汚れや異臭などさまざまな被害を与えており、

管理規約に違反することは明らか」として、

住宅敷地内(タウンハウス)での餌ヤリ禁止と

賠償金200万円の支払いを命じたそうだ。

某名人も多くの猫を去勢したようだけど、

それだけじゃ住民も裁判官も満足しなかったのね。







どちらサイドにつく訳じゃないが、(しいて言えば6:4で某名人)

そもそも、猫を捨てたのはダレだっけ?

「私は猫を捨てました!」と大きな声で言えない人間だよね?







「猫は捨てるな、でも餌やるな」と

全国でガイドラインを作っている行政。

最近話題なのは、地域猫推進都市である

横浜市のガイドライン。

読ませて頂いたが、、、、

『そんなに猫嫌いですか?』と言いたくなる。

猫を共存させる為に近所とのコミュニケーションを大事に!って

とても大切な事だけど、反対に、

それが一番の問題(好きVs.嫌い同士の対立)。。。

野良猫を排除したい!関わりあいたくない!と思っている住民を

説得するのに、どれだけの労力と能力がいるか。。。

全ての人がこの能力を持っているとしたら、

猫の問題どころか、宗教や政治問題だってとっくに解決してる。





難しい問題。。。。








もっと地域社会に入っていかないと。

(行政もね)

もっと双方の話をする場所を強制的に作っていかないと。

(行政もね)

もっと家猫が野良猫になった過程を多くの人に認識させないと。

(行政がね!)

そして、

もっと去勢と共存を訴えていかないと。

(行政も私達も・・・願わくば猫苦手な方々も・・・)






まぁ、

なんつーか、

猫は悪くない。

人間の問題だから。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。