スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場地帯に猫 (8)

(久々に更新したと思ったら、

   はいっ!  世の中に対する愚痴でございます!)





さきほど、

木更津の三日月ホテルの日帰り温泉に行ってきたんだが、

川崎の我が家からアクアラインまでの間は、

長~~~~い工場地帯が広がっている。



そこを通るときに、いつも気をつけること。

それは猫が飛び出してこないかゆっくり走る事!

ちなみに、今日は往復で4匹ほど見かけた。。。




たまに当番で餌やりに行く公園も、工場のド真ん中にあるのだが、

なぜ、工場地帯に猫が多いんだろうか?

夜は真っ暗で人がいない工場地帯。

居住区ではないの工場地帯。

去勢している子もいるが、

多くは平日の工場で働く人の弁当の残りや、

釣り人の雑魚をもらって飢えを凌いでいる。

この子たちは、

きっと2世、3世、はたまた5世位なんだろうけど、

最初に捨てられた子達の事を思うと、

悲しみと怒りが襲ってくる。

こんな暗くて寂しくて人がいない地帯に捨てた人間。

病気と飢えと虐待が待ち受けているであろう場所に

コソコソと捨てていった人間。 

一体、どんな面してるんだろーか?

きっと普通に子供なんかいるんだろうか?

職場で愛想良く働いてるんだろうか?

私は、川崎と木更津を何往復もしているこの5年間に、

この道で多くの猫の死体を見た。

原型を留めておらず毛皮一枚となったまま道路に放置された子。

誰も道路の脇にすら寄せてくれないのか、、、、。

こうゆー時、

猫飼いとして、同じ人間でいる事がすごく嫌になる。




なんかさ、

こじつけるには無理があるのは承知なんだけど、

子供手当てとか、高速道路無料化とか、

そのお金の一部でもいいから、

彼らの為に使ってはくれないのだろうか?

切々に思ってしまう今日この頃。

実現する事は限りなく・・・・ない。

辛いよねぇ~・・・・シミジミ

chashiro.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。