スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園猫の餌やり (20)


日曜日にボランティアのお手伝いの一環として、

川崎人工島の某公園で餌やりをしたぞ~ぃ♪

ここには40匹近くの猫(全て去勢済み)がおり、

近所の大きな工場にも知らない猫が多数いるらしい。

平日はお弁当の残りなどを誰かが与えているようだが、

週末になると、夜中公園にくる子もいるとの事。

少しでもお腹の足しになればいいんだけど。

先週末に教えてもらった餌の与え方や注意が

必要な猫(白血病や疥癬)リストを片手に早速作業開始~

kouen1.jpg


この公園には、捨てられたカラスも一羽・・・。

なんで捨てられたかわかるの?と言うと、、、

飛べないように羽が切られており、

公園の木陰に「カー子のえさ用」とテプラの貼ってある

さお竹の先に小さなカゴが付いている棒を発見したからだとか・・・。

雛の頃に、もしかしたら優しい人が育てたのかもしれないけど、

でも飛べないようにしたり、最終的には事情もへったくれもなく

カー子を捨てた事実は、私は許せないのである。。。。

kouen2.jpg

困った事にカー子さん、バックの漁り癖が・・・・

入っていた請求書を咥えて走り去り(走るなよw)、

探すのに苦労したよ・・・・TT

kouen3.jpg

ブラッシング好きな旦那は、大人しそうな猫に目を付け、

ジリジリと歩み寄り・・・・楽しげに梳いていたw

kouen4.jpg



不幸中の幸いは、この公園で虐待された猫がいない事。

それでも去年60匹いたのに、現在は40匹。

ひっそり死んだのか、心優しい人が連れて行ってくれたのか、

それとも・・・・

やっぱり、、、、

24時間監視できる訳ではないので、外の暮らしは危険なのだ。

kouen5.jpg

kouen6.jpg


朝・夕とご飯を与え、途中でボラ主催のMさんが里親募集結果報告を

伝えに、わざわざ公園に立ち寄ってくれた。

6組のトライアルが成立し、後は上手く行く事を祈るのみ!

Mさん夫婦は愛護センターへ走り仔猫の保護、去勢の為に病院へ、

そして朝から夕方まで里親募集・・・・・

本当に頭下がります・・・

それでも、無理強いする事もなく、「手伝える時に連絡してね♪」と

やさしく言ってくれるMさんのようなボランティア団体さんは

私のような素人も、とても参加しやすく、

これだったら、もっと多くの人がお手伝いしてくれそうな

気がするのである。

ちなみにこのご夫婦は本も出してたりするのである。



YouTubeで「工場猫物語」を探すと、公園の猫さんの

動画が結構あるので、

お暇な方は是非愛らしい猫さんをご堪能くださいまし
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。