スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除 (14)

事の発端は先週末。

猫を見に、多摩川散歩に行った時、

近所のおいちゃんが、ノラ猫にご飯をあげてたのだが、

どこからともなく30代の男性が現れ、

お説教を始めた。 

怒鳴るとかそーゆー感じではなく、

どうもゴミを捨てる人が多いので困ってるから

餌をあげないで欲しい!という感じだった。

会話に入れず、遠目に「あぁ・・・可哀相に。。」と思ってたんだけど、

その男性の「可哀相だけど、保健所呼びますよ?」という一言で

気づいたら勝手に体が動いてしまった・・・・(苦笑

・おいちゃんはゴミを捨ててない事

・勝手に保健所は呼べない事

・病院に連れて行ってる事

・私もたまに様子を見に来てる事

・川崎はむやみに捕獲、殺処分を推奨していない事

いやぁ・・・、私のお説教状態。

相手はどうも町内会の人らしかった。。。

(アチャー><

その側で、気の弱そうなおいちゃんは

誰が捨てたかわからない空き缶を拾い始めた・・・。

「いや、あなた達は持ち帰るかもしれないけど、

そんな人ばかりじゃないんです。もし同じ餌をあげるなら

ゴミを拾っていってくれませんか?」

「はぁ?  

捨ててないゴミをそれだけが理由で拾えですか?」


「あ・・・いや、僕もそんな事は言いたくないけど、

町内会も困ってるんですよ。 猫はかわいそうだと思いますよ?」

「・・・・・・」

「餌をあげるなとは言いません。 もち・・・ろん。」

「おっしゃる事はわかります。 迷惑ですね、勝手なゴミ捨ては。」

(同調してみた。)

「今度から気づいたら拾いますね」

そう言って、お互い最後は一応、会釈して別れた。

もう、その1週間イライライライラして(仕事も忙しくてネェ)、

どうしようか?と思ったんだけど、

ある意味、運良く町内会の人とも話す事は出来たし、

そこまで猫嫌いではなさそうだし、

ちょいと掃除でもしたら、少しは温かい目で見てくれる?

そう思って、旦那と友人と3人で軍手とビニール袋を持って

今週末、大掃除に行ったのだった。

souji1.jpg

いつもは消極的な旦那も、

情が移ったネコさんの為に頑張ってくれた。

そして友人も・・・・。

souji2.jpg

私?

写真ばかりじゃなくて、頑張ったよ(笑

40分位でしょうか?

とっても綺麗
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。