スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩川を見て思う事 (20)

連休一日目

寝坊したが故に、チャコの病院は夕方にまわしました。トホホ

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

先日、多摩川の猫の写真を撮り続けている小西修さんから

絵葉書が届いた。 もちろん写真は多摩川のノラ猫ちゃん。

きっと送りつけた猫餌が届いたお礼に

気を使って送ってくださったんだと思う。

ネットばかりしているまろ加にとって、久々のお手紙。

嬉しく感じつつも絵葉書の仔猫ちゃんは

愛らしくもあり、胸が痛くなる写真だった。

2匹の仔猫が抱き合いながら寝てるんだけど、

目ヤニで目が開いてなくて、ガリガリに痩せていて・・・

嬉しいはずの絵葉書が、見た瞬間涙が出てしまった。

小西さんは「猫びより」などの雑誌に写真を提供している

フォトグラファーです。

サイトはこちら→kabuto_v.gif


こちらから、絵葉書の購入や、日々の多摩川猫の日記が読めます。



手紙には、

物資のお礼の他、

この前の集中豪雨で、かなりの猫が流されてしまった事。

怯えてご飯を食べてくれない子が沢山いる事。

いろいろ書かれていました。

こうやってブログを書いている部屋からは

目の前に多摩川が見えます。

野球グラウンドで遊ぶ子供の向こうには

数件のビニールハウス(野菜用ではない!)があり

きっとおじさん達と一緒に数匹の猫も住んでると思われ、

先日の豪雨で一瞬にして水浸しになった時、

「すごい雨だなぁ~~」なんて呑気に思ってる瞬間

命が消えた子がたくさんいた事を想像すると

何もできない自分や無関心な世の中に腹が立って

悔しくてねぇ。。。

いくら猫好きな私達が募金したって、物資送ったって

ノラちゃんに優しくしたって、

もっともっと数百万人単位で何かをしないと

この問題は解決しないんですよね。

ノラ猫を減らそう!って、さいきん自治体・政府も

重い腰を上げてるけど、、、

最終的に10年後にノラの数が半減したって、

今生きてる子に、猫権はないのだろうか?

どこかの市のサイトを見ている時に、

ノラ猫の去勢手術を積極的に行いましょう!って書いてあって、

「去勢をする事でフン害も減り、性格が穏やかになります。

ノラ猫の寿命は5年~6年と言われていますので、10年後には

地域の猫は半分になります」みたいな事が書かれていたんさ。

地域、猫を思った優しい言葉の裏に見える、

不快感はなんだろう。。。

5年の間は、勝手に捨てられて、その日暮らしもままならない

猫たちの死を毎日待ち望むんだろうか?

去勢しつつ、一部支援金として猫餌代やフン清掃費として

地域住民に渡したら、少しは

猫に優しくしてくれるんじゃないだろうか?



なんだか。


いつもこの話題になるけど。。


そんなに難しい事なんでしょうかねぇ。 


バカな私には理解できません。


ちなみに、数ヶ月前に毎晩餌を上げていたノラちゃんは
姿を見せなくなりました。
いつも座って餌を待っていた姿を毎晩思い出すと
胸が痛くなります。


ぁー

前置きが長くなりすぎて、ギブアップ(涙

今日はここでおしまいですw

なんともコメント書きづらい内容なので

読んで頂けただけでも感謝です^^

また明日から気を取り直して元気にブログ書きます~♪


  おわり。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。