スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノラ猫に餌をあげるのは・・・ (14)

【一定周期で起こる「ダラダラ」日記だよん】



一昨日、マンション前の戸建玄関先で猫がジィっとしていた。

とっさに、常備していたドライフードを一握りあげた。

次の日も、その次の日も門の前にいた。

昨日は窓越しに隣人がじぃっと見ていた。

ノラに餌をあげるという行為は、まわりの住んでいる人に

迷惑がかかる事を重々承知の上でついついあげてしまった。。。

今日はその猫の姿がなかったが、タクシーを降りて、

「ツツツツ・・・」と呼んでみたら、

出てきたんだな。これが、、、、。

その瞬間、またもや待ち構えていたかの様に、その家の隣の人が

二階のバルコニーからじぃ・・・っと私を見てた。

本当は何か言おうと思ったんだけど、

何を言っていいのかわからなくて、

その猫を反対側の歩道から呼んだのさ。

民家から遠ざけようと思って。。。。

そしたら恐る恐る猫タンは来たので

マンション前の並木の下に一握りの餌を置いたら

おいしそうに食べてくれたの。。。

でもね、やっぱりその隣人はずっとその様子を見てた。

どんな事を思ったんだろう?っていろいろ考えた。

「フンはどうするのよ!」

「勝手に餌をやって偽善者!」

「マンションの住人かしら?クレームしなくちゃ」

どんな妄想もマイナスで、

でも、それは・・・・きっと事実であって、

そのオバちゃんが思うことは世間では決して間違ってなくて。。。

私の計画では、徐々に餌をあげる場所を多摩川河川敷に誘導し

そこでご飯を食べさせられたらなぁ~なんて

安易に思ってたんだけど、明日から出来ないな。。。

オバちゃんに怒鳴られるのも怖いし、

通報されたら罰金を払わなくちゃいけない。

去勢費用なんていくらでも払う覚悟は出来てるんだけど、

一緒に住むことは出来ない。

見て見ぬフリをする事しか出来ない。

ウチの猫はヌクヌクとおいしい餌を毎日食べ(大量に残し)、

お布団で一緒にねるのに、

ほんの10メートル先では毎日必死に生きてる猫もいる。



う~ん・・・・

何を言いたいのかわからなくなってきた。。。TT

一度、猫という生き物と一緒に暮らしていると

ノラ猫がノラじゃなくなってくるんだよね。

お腹いっぱい食べさせてあげたいって思うのは

人として間違ってるんだろうか・・・?

ネットでいろいろ調べたら、

99%「迷惑行為」だと書いてあった。

いい事なんて一つも書いてなかった。

超、超、超、超、ブルーです。ܤ

あの猫を見た時に素通りすればよかった。

猫餌なんて常備しなきゃよかった。

猫がいっぱいいる町にすまなきゃよかった。

猫に会わなきゃよかった。

そんな気持ちでいっぱいな今、、、、

私は迷惑な自己満足な偽善者と呼ばれ、

その猫は夜の街を彷徨い歩く。

明日からその猫が目の前に現れたら

見て見ぬフリをして生活していけるのだろうか?

餌をやるなら、責任をもって家で飼え!と言われたら

私は飼えるだろうか・・・?

マンションだから無理か。。

なんか、よく言う近所の疎まれる『猫屋敷』や『猫おばさん』の

気持ちがよくわかった。。。



あれ?

また何を書きたいのかわからなくなってきた。。。

そうそう、きっと猫を飼ってる人たちに

ただ話を聞いて欲しかっただけだと思います。

同情なんて一切なしで(だって、自身でも良い行いだと思ってないし。)、

「ぁ~・・・・なんとなく気持ちがわからんでもない・・」程度に

思ってくれる人が1人でもいたら、

きっと今夜の私は救われそうな気がしたからかなぁ。。




すー☆さま家みたいに、広い庭があって

ノラちゃんが遊びに来てくれたり

それを暖かく迎えられる人間がいたり

世の中にそんな人がたくさん増える事をただただ

祈るばかりです。。。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ  同盟バナーうさぎ中動



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。