スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスいぱいのタマちゃんへ (16)

ここ最近、元気のないタマ。å
 sutoresutamara1.jpg
ご飯もほとんど食べないし(少なくとも皆と一緒には・・・)、
仕事帰りのお迎えもない。
心なしか、痩せた気がする。
金曜日の夜なんて4回も吐いた。(←食べてないのに・・・)
タマラ、、、、大丈夫か?ޤݤ

そんな訳で、土曜日の朝一で獣医に連れて行った。
うちは、まだ掛かりつけの獣医がなく、去年秋にチャコが怪我した際、
うまい事縫ってくれた石○動物病院に連れていった。

先に言っておくが、ここの先生は・・・・・
愛想悪い口悪い、腕はまぁまぁ、値段は激安。-である。


まろ加:「この子、食欲がなくて、昨日も数回吐いたので・・」
先生:「(カルテを探す)・・・・。その子、ウチ初めて?」
まろ加:「(はっ!)そ、そうなんです!
     昨年茶トラがお世話になりまして。」
先生:「ふ~ん・・・。予防接種受けてるの?」
まろ加:「(当たり前じゃ!)はいぃ。2回ほど受けてます~」
先生:「なんで予防接種受けた獣医連れてかないの?
まろ加:「・・・・・・・・」
先生:「-ま、いいや。とりあえず見せて。」
・・・・・
・・・・
・・・
・・

まろ加:「実は、先週新しい子を貰ってきまして。。。それ以来
     なんだか様子がおかしいみたいなんです。。
     他の子は旨くいってるみたいなんですけど。。。。」
先生:「その子見せて。」
まろ加:「はぁ~い♪(相変わらず愛想悪いおっさんやなぁ・・・५)」
先生:「あれ、この子、避妊手術してんの?」
まろ加:「はいぃ。避妊してからじゃないと受取できなくて。」
先生:「(もんの凄い嫌な顔をして)あ~・・・・愛護団体がらみね。
まろ加:「(・・・・・・・・・)はいぃ。」
先生:「こんな小さくて手術なんて、
    まずいんじゃない?危ないなぁ。ま、いいけど。

まろ加:「・・・・・」このオヤジィィィ・・・・・५ブルブルブル
まろ加:「-で、先生。タマラはどうでしょう?」
先生:「体調はどこも悪くなさそうだから、ストレスかなぁ。
    何ともいえないけど。」
まろ加:「はぁ・・・」
先生:「とりあえず、吐き気止めの注射は打つけど、あとはねぇ。。。
    精神安定剤の処方になっちゃうなぁ。
    でも飲み続けることになるよ?一生ね。

まろ加:「・・・・・・・・・・。一生ですか。」
先生:「後は、その仔猫との相性が悪いなら、
    ずっと別々の部屋で飼うか、手放さないとね。」
まろ加:「・・・・・・・・・・。」
そして、ササっと注射をして終わり。
一応、5日分の吐き気止めの薬を処方してもらった。
沸々と湧いてくる怒りを我慢しながら、お会計を済ます。
受付:「お会計、3400円になりま~す」



って、、、、、安いんだよ!!!(←怒ってドースル・・・)


なんでこんな扱いされにゃぁ~いかんの!?
タマラの嘔吐は精神的なモノかから来てるかもしれない。
そんなこたぁ~、素人の私にもわかるがな。
そんでもってアドバイスは精神安定剤の服用か
一生の隔離生活。
はたまた愛護団体批判までだれたんじゃぁ~。。。
もっと、こう、私が求めてたものは、、、、
ご飯やりタイミングのアドバイスや、愛情の注ぎ方とか
ネットで調べてはいたものの、獣医さんから念を押して
聞きたかっただけなのに。。。。

もう、行かない。
一生行かない。
いや、それだけで気が済むのか?
獣医師会の会員だったはずだな。電話するか?
いろいろ考えながら、車を飛ばす。

そして行き着いた結論は・・・・
タマのストレスは、どんな事があっても
取り除く事!!
私達の手でっ!!

早速、猫を家に置いて、旦那を連れ
スーパーにGO!
タマの好きそうな高級猫缶を大量購入。
オマケに猫じゃらし、またたびもゲット。
最後に、あの名品「猫またたびシート」を購入֥ϡ

レジ:「お会計4890円です~」


って、、、、、高いんだよ!!!(←獣医より高い・・・)

ちなみに、その日スーパーで購入した、
人間様の食料は2400円程でした、、、、、。

お家に帰り、キム・チャコ・ミケを寝室に隔離し、
早速、タマのリハビリ開始。
食器をキレイに洗い(他の猫の匂いを取る為)、
食事の用意をする。
その間、旦那は『タマちゃん、世界一!』作戦として
かわいい、かわいいを連発しながら撫でる。
(意外と寄ってきた。。。まんざらでもないようだ・・・)
「タマちゅわわぁぁ~ん♪ご飯でちゅよ~♪」そう言って、
お皿を3つ出す。
「どれでも好きなの食べていいよ~??」
ツツツ・・・・と寄ってきて、ペロペロと
次から次へと舐めていく。
カプリ・・・と、一口ずつ食べて、またパパの元へと戻って行った。
パパに体を擦り付けて、撫でて~とおねだりする。
そうかぁ・・・・やっぱり愛に飢えてたんだなぁ。。
ごめんよ、タマラ。。。

その間、ドアのガラス越しに、ガツンガツンを激しい
頭突きと爪とぎの音・・・・・。
いつも食べないような食事を目の前にしてありつけない
キムの怒りなのか?すごい形相で見ていた・・・・。

ここは、我慢我慢・・・。
まだまだタマちゃんを可愛がらなければっ。
またたびシートを広げ、タマを呼び寄せる。
「タ~マ~ぁ!大好きなまたたびシートだよぉ~♪」

 sutoresutamara2.jpg
↑ご満悦な様子。。。。

ドア越しの声もピークに達し、「ニャァ~~~ニャァ~!」と
合唱になってきた。
私には、「開~け~ろっ!開~け~ろっ!」と、聞こえた。。。

30分ほどだろうか?タマも動き回り、少しだけ
元気になった様子なので他の3匹も入れてあげた。
後は・・・・言うまでもなく、目の色を変えて
ガツガツとご飯を食べていた・・・・。(特にミケが。ܤϡ

 sutoresutamara3.jpg

先は長いけど・・・
私は、タマラのストレスを取り除いてあげたい。
でも、ミケを一生隔離したり、手放したり、
タマを薬漬けにするつもりはない。
最後の最後は・・・・・獣医さんに相談するかもだけど、
今は家族6匹(父・母含む)で仲良く暮らしていけるよう
いろいろ模索していくのである!

 sutoresutamara4.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タマちゃんへ。

タマちゃんは、ウチの長女なんだお。
タマちゃんがいなければ、猫が好きにならなかったんだ!
だから、どんなに新しい子が入っても、
お前が一番!!それを忘れないよーに!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ←ごっつぁんです!  同盟バナーうさぎ中動 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。