上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジカメ画像の整理をしていたら、

あらやだよ(光代風)、アップするの忘れてた!

今更ですが、、、、

GW中に1泊2日でドライブした

千葉県の養老渓谷の写真をご紹介しま~す。

※と言っても、ほとんど食べ物に執着した写真デスガ、、、

yoro1.jpg

↑アクアラインを越え、鴨川へ抜ける道をひたすら走ると、

そこは懐かしい田んぼばかりの風景。

昔のじぃちゃん家とか、こんなだったなぁ~・・・

yoro2.jpg

↑千葉県民歴が過去に3年あるまろ加ですが、

養老渓谷は足を運んだ事がなかったので、今回初体験~

大原に住んでいた事があるのに、

おとなりの大多喜が

“たけのこ生産量日本一”とは知らなかったワ!

もちろん立ち寄った食堂でも

たけのこの三昧♪ 新鮮じゃないと味わえない刺身も頂いたぜぃ。

お味は・・・・少し青臭い(?)けどコリコリして美味しゅうゴザイマシタ。

yoro3.jpg

↑着いた先は、「元祖養老館」。

楽天トラベルの口コミでは・・・

『建物古いけど、温泉は最高!』と皆さん言っていたので、

半年前から目をつけてたんだな。これが。。。フフフ

養老渓谷温泉街の中でも源泉掛け流しはココだけ。

コーヒー色のお湯には美肌成分たっぷり入っていて、

湯上りもしっとりツヤツヤ☆ 

化粧水を全身にパシャパシャした感じ!と言ったら、想像つきますか?

旦那チャマは頑張って3回も入っていました!

yoro4.jpg

↑少人数の従業員さんで頑張っておられるので、

全ての食事が温かぁ~とはいきませんが、

それでも量が多く(またしてもタケノコ三昧TT)、

お味も美味しかったワ。

ドライブで疲れた旦那は、

私が目を離した隙に、掛け布団をぶん取ってますた。。。

もちろん夜中に取り返しましたけど。

yoro5.jpg

2日目。

旅館の隣の山に出世観音なるものを発見したので、

頑張って登ってきましたヨ。(いやぁ・・・上り坂辛かった)

旦那さまが、出世しますように。

私が働かなくても小遣い20万貰えますように。

(夢のまた夢・・・・)

神社の絵馬には、

出世観音様にお願いするにはチョット・・・と思われる、

“toto当たりますように”が力強く書かれておりました。

yoro6.jpg

↑チェックアウト後は、

旅の重要な目的の一つであった“猫のいる駅”へ!

手書きの荒いポスターを見ると、

“駅長たま”の二番煎じのような気もしないでもないが・・・

(※こんにちわぁ  の書き方がなぜか哀愁をそそる)

yoro7.jpg

↑でもいいんです!

観光スポットとして利用されても、そこに集うノラちゃんを

大事にしてくれればそれでいい。。

但し、気になったのは、駅の倉庫で生まれたばかりの

仔猫が3匹おり、はて・・・・

去勢する気はあるんだろうか?と疑問に思ってしまった。

次回はしっかりチェックして、駅員さんに聞いてこよう!

yoro8.jpg

↑最後に、大多喜城を見学に。

ここは戦国三大武将の1人本多忠勝が数年居城していた場所。

戦国マニアの旦那は大興奮しながら、

「バカだなぁ~(←ここから会話を始める彼の姿勢に疑問)!

本多忠勝は戦国最強なんだぜ!

あれだけ戦で先陣きってるのに、無傷なんだぜ!」

-と言っておりましたが、、、、

城内の展示品コーナーには遺品らしき遺品は残っていなかった。

残念がる彼とは裏腹に、

江戸末期から明治にかけての、城下町の模型や

その当時の貴重な写真に、まろ加は満足♪

たまには近代的なお出かけスポットよりも、

時代を遡っていろいろ昔の面影を想像しながら

静かに過ごす旅も・・・・いいカナ・・・と。




次はどこのお城に行こうかなぁ~♪



yoro9.jpg

↑オマケ

GW真っ只中という事もあり、川の端から端まで

こいのぼりが空高く舞っていました!



(○´・д・)ノ----pochi.jpg-----ヽ(・д・`●)





スポンサーサイト
いやぁ。。。

一度ブログを書いたんだけど、

間違えて変なボタン押しちゃったら真っ白に。。。

(皆さんも経験あるよね?!)

オフィスソフトと同じように、

「保存しますか?」って警告してくれれば。。。くぅぅぅ~




さて、どこの家の猫さんもダンボール好き。

我が家の猫も例外ではありませぬ。

先日、職場のMちゃんから使わないダウニーを送ってもらいました!

takkyuubin1.jpg

ワラワラと寄り付く猫達。

日頃遊んでやれないので、

興味津々なわが子を見ると嬉しくなります^^

takkyuubin2.jpg

※注意:郵送されてきたのはダウニーです!


我が家は、共働きもあり、

ちらかった家に友人もあげることなく(苦笑)、

訪問者といえば、回覧板か宅急便のみ。

その内、大きなダンボールは猫グッズと決まっているので、

猫にとっては宝箱のような存在♪

大概、場所取り争いの挙句・・・「私のものよ!」と

一匹が陣取りするんだな。。

今回の猫グッズ箱はキムの勝利でした!

takkyuubin3.jpg

勿論、その後数時間はいつも開封できません。。。





追伸:【世田谷連続猫虐待事件】のソラちゃんが亡くなりました。

ごめんなさい。 とても許してなんて言えないよね。

今日こそは楽しいブログで終わらせようと思ったんだけど、

ソラちゃんの悲しい瞳を見ていたら、

ソラちゃんの事を多く知ってもらう為に書かない事は

とても罪な事だと思いました。

ゆきもこさんのブログに書かれています。

(画像あります。観たくない方は観ない方が良いと思います。)

ごめんなさい。

ごめんなさい。

天国で安らかに眠ってください。。。

涙止まらない。





今日は、Mさんから公園の餌やりを依頼されたので、

久々に早朝から行ってきました。



Mさんのブログによると、

今年に入って公園付近ではいろんな事が起こっていました。

鉄くずの山の中からダンボールに入った仔猫。

(↑でも生きてました!奇跡的に!)

公園猫の中でも人一倍懐っこい猫たちの死。

この世の中は本当に腐ってるのか?

-と悲しくなる出来事の中にも、

新しく生まれた命の赤い糸を優しい人間に巡り合わせる為に

Mさんは里親会と保健所を毎日往復していました。

無関心な世の中の多くの人に、是非関心を持って欲しい!

そんな気持で、久々に覗いたブログをゆっくり読みました。

前略里親様

(是非読んでください!11月まで遡ると、サスケも掲載されてるヨ!)



さて、向かった公園は、どしゃぶりの雨。

木陰に隠れているのか、猫の姿はまばらでした。

kouenneko1.jpg

公園の整備の為、大規模な工事があり、

それ以来・・・・猫の数はめっきり減りました。

それでも、なじみの顔を見つけると嬉しい気持になります。

kouenneko2.jpg



先日、ネットで掲載されているコラムに

ごくごく当たり前なのだけど、心に残る記事が載っていました。

(↓うろ覚えダケド・・・)

「お家で飼っている猫は、目がキラキラしていて毛並みも良く、

とても健康です。

それに比べて外にいる猫は毛はボサボサで、栄養失調や

病気を抱えた子がたくさんいます。

外猫だった子が家猫になって変わるように、

猫は人間が手をかけてあげなくてはいけないのです。

元は人間が捨てた猫が生んだ二世、三世の野良猫を

忌み嫌わないでください。

“もし彼らが、人間と暮らしてたら・・・・”

きっと彼らは、もっと健やかに愛情を注がれて

今を生きていたに違いありません。」



記憶に着色をした文章になってしまったが、

当たり前のようで、とても考えさせられる言葉。

多摩川でよく見る風景だが、

子供が「あ!猫だ!」と行って走り寄って行く。

そして親が、ボロボロの猫を見て、

「ダメよ!汚いから!触っちゃダメ!」と怒鳴る。

そう。。。。

毛はボサボサだよ?

だって口内炎で毛づくろいもロクに出来ないんだもの。

体はガリガリだよ?

だって腐った物だって食べるもの。

目付き悪いよ?

だって、とても辛い悲しい事をたくさん経験してるんだもの。

ただ、お願いがあります。

決して、「汚い!」なんて口に出して言わないで。

彼らにこれ以上悲しい仕打ちをしないで。

あなたの口から出る優しい言葉も汚い言葉も

みんな彼らに伝わるから・・・・ね。

「あの時」捨てられなければ、

「あの時」保護されていれば、

「あの時」苛められなければ、

きっと彼らも健やかに生きていけたんだから。







もし、近所で野良猫を見たら、

優しく声をかけてあげてください。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ




既にニュースをみた方が多いと思うけど、

どうにかならなかったんでしょうか。この問題。

私は個人を知らないので、

住民の一方的な苦情なのか、

それとも、某名人が頑固で話し合おうとする住民に

一切耳を貸さなかったのかわからない。

判決で裁判長は

「猫に段ボール箱を与えるなど飼育の域まで達し、

汚れや異臭などさまざまな被害を与えており、

管理規約に違反することは明らか」として、

住宅敷地内(タウンハウス)での餌ヤリ禁止と

賠償金200万円の支払いを命じたそうだ。

某名人も多くの猫を去勢したようだけど、

それだけじゃ住民も裁判官も満足しなかったのね。







どちらサイドにつく訳じゃないが、(しいて言えば6:4で某名人)

そもそも、猫を捨てたのはダレだっけ?

「私は猫を捨てました!」と大きな声で言えない人間だよね?







「猫は捨てるな、でも餌やるな」と

全国でガイドラインを作っている行政。

最近話題なのは、地域猫推進都市である

横浜市のガイドライン。

読ませて頂いたが、、、、

『そんなに猫嫌いですか?』と言いたくなる。

猫を共存させる為に近所とのコミュニケーションを大事に!って

とても大切な事だけど、反対に、

それが一番の問題(好きVs.嫌い同士の対立)。。。

野良猫を排除したい!関わりあいたくない!と思っている住民を

説得するのに、どれだけの労力と能力がいるか。。。

全ての人がこの能力を持っているとしたら、

猫の問題どころか、宗教や政治問題だってとっくに解決してる。





難しい問題。。。。








もっと地域社会に入っていかないと。

(行政もね)

もっと双方の話をする場所を強制的に作っていかないと。

(行政もね)

もっと家猫が野良猫になった過程を多くの人に認識させないと。

(行政がね!)

そして、

もっと去勢と共存を訴えていかないと。

(行政も私達も・・・願わくば猫苦手な方々も・・・)






まぁ、

なんつーか、

猫は悪くない。

人間の問題だから。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ







私はテレビを見ない。

しいて言えば、出勤前に目覚ましテレビを20分程度観る程度。

逆に旦那はテレビ大好きなので、

テレビƥは旦那、そしてPCѥはまろ加が占領して、

お互いに違う部屋で空いている時間を過ごす。

(案外、これが仲の良い秘訣?!)

そんな私も、最近のオンデマンドのおかげで、

いろんなドラマを観る機会が増えた。

今更ながら・・・・

最近ハマっているのが海外ドラマ!

セックスアンドザシティ

ゴースト

デスパレートな妻たち



そして

Lの世界。


Lとは“レズビアン”の略なのだが、

L.Aに住むビアン(レズビアンの事)の物語なのだ。

私と同年代の人は知っていると思うが、

フラッシュダンスのジェニファービールスが主役を努めている。




ぇ?





知らない?







う、う、嘘おっしゃい!! (プンプンッ

(↑誰に向けて言ってるんダロ?!)








ストーリーの細かい内容は、

私が支離滅裂にこのブログで書くよりも、

ネットで調べた方が無難なので遠慮させていただくが、

興味のある方は是非!!




<Ҥ褳ここから、ふと思い出した昔話Ҥ褳>

私は生粋のストレートだが、

思えば、それ系統(Lの世界的な?!)の思い出がいくつかある。

ファーストキスは小学生の頃に仲の良い女の子と。

なんとなく遊びでだったんだけど、今でも覚えている。

それが最初で最後だったんだが、まぁ、あれだ。

興味津々だったのである。

今は交流ないが、留学先のアメリカまで卒業旅行として

遊びに来てくれた良いコである。

大学時代の寮でルームメイトになった子は、

メンフィス(テネシー州)出身のMindyという金髪のコで、

この子はバイセクシュアルだった。

よく夜中になると足を揉んでくれて、ハラハラしていたが、

It's alright, I'm not interested in you♪

(大丈夫、あなたにいは興味ないから)

と言われたっけ。

今思えば、ちょっと失礼な発言だわ!(苦笑

そして、彼女つながりで、

大学の部活のひとつであるG.L.B.Aにちょくちょく顔を出し、

いろんな人とも楽しく話をしたり、食事に行ったり・・・

きっとそんな若い頃のトラウマが

Lの世界の魅力にドップリはまってしまったんじゃないだろーか?!

な~んて、

ついつい書きながら思い出してしまった訳で。

G.L.B.Aは何の略かと言うと・・・・

ゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・アソシエーション

なのであるw



あら・・・?

ドラマの話よりも、若かりし頃の思い出話になっちまたさ~♪




まぁ、

そんな訳で、

ブログをサボリ気味なので、

こんなどうでも良い事でも週に1回は書いていこうと

思う今日この頃なのであった~(←日本昔ばなし風)



オマケ

今日のキムさん。耳が微妙に反ってますw

kim.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ









メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。